NEWSROOM
BLOGnewsMedia

海外スタートアップが日本市場で成功する鍵は? SWAT Mobility Japan末廣社長に聞く

LIGARE
Published on:
Feb 9, 2021

SWATは2016年の設立以来、ライドシェアサービスやオンデマンドバス技術を世界7カ国 (シンガポール、ベトナム、フィリピン、インドネシア、タイ、オーストラリア、日本)で展開してきた。最小の車両台数で複数の乗客を効率良く相乗りさせる独自の高精度ルーティングアルゴリズムを保有し、企業向けの通勤送迎や公共バスへのオンデマンド相乗りサービスの導入などを進めている。

シンガポールを中心に東南アジアでは企業や工業団地向けの通勤送迎サービスを展開し、オーストラリアではオンデマンド公共バス(サービス名:MetroConnect)を運行。また、コロナ禍においては、タイ、フィリピン、インドネシアでトヨタ・モビリティ基金やトヨタ自動車と連携して、医療従事者の通勤負荷軽減、感染予防を目的としたオンデマンド送迎サービスにも取り組んでいる。

末廣社長は大学卒業後、総合商社に就職。その後、留学を経てシンガポールでグローバルコンサルティング会社に勤め、2019年11月にSWATへ入社した。そして年が明けて2020年2月には日本法人を立ち上げ、SWAT Japanの代表取締役に就いた。