NEWSROOM
BLOGnewsMedia

SWAT Mobilityが資金調達を実施 日本でのサービス展開加速

LIGARE
Published on:
Feb 8, 2021
Image credit: SWAT Mobility

SWAT Mobilityは高精度なルート最適化技術の開発や、最小の車両台数で複数の乗客を効率良く相乗りさせる独自のルーティングアルゴリズムを駆使したオンデマンド相乗りサービスを世界7カ国(シンガポール、日本、フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア、オーストラリア)で展開している。

日本では現在、新潟市における市街地オンデマンドバス導入に向けた実証実験や、J:COMと共同で営業社員を対象とした都市型法人向けライドシェアサービスの活用を進めるなど、MaaSの観点から日本の市場環境に合わせた新たな取り組みを行っている。

今回、GB7号ファンドから資金調達を受け、アジア市場で最も重要なマーケットと位置付ける日本におけるサービス開発への投資や、モビリティに関する国内のさまざまな課題解決を主導していく。

日本においては、地方における人口減少とそれに付随する移動人員の減少や、路線バスの撤退などによる地域交通の利便性低下といった課題を抱えており、日々深刻化する地域公共交通の問題解決のため、独自アルゴリズムの開発強化からサービス展開に投資を行う。