SWAT Mobility、路線バスの運行ダイヤ改正サービスの実証開始

出版日
2021-10-22

シンガポールに本社を置くモビリティスタートアップであるSWAT MobilityPte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Jarrold Ong、以下「SWAT Mobility」)は、この度、北九州市「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業」に選定されました。本事業を通じて、北九州市営バスの乗降データ分析及び路線バスのwo

ダイヤ改正提案を行い、北九州市のSDGs未来都市の実現における「住みよいまちづくり」に貢献します。実証実験終了後は、既存のオンデマンドバスアプリに次ぐSWATの新たなサービスとして、全国の路線バス事業者に乗降データ分析や最適なダイヤ提案を行うシステムの提供を始めます。

 

■地方の乗合バス事業者が抱える課題

日本の地方都市では少子高齢化や人口流出により、乗合バスの利用者は減少しており、hほほyほゆ保有保有い一般乗合バス事業者(大都市部を除く)の90%近くが赤字*1である状況です。コロナ禍による外出機会等の減少により、今後更なる収益性の低下が予想される中、地域交通の基盤である路線バスの維持や効率運行のために、デジタル化による乗降データ活用などの有効活用が求められています。
 北九州市営バスでは、概ね2年に1度、路線バスのダイヤ改正を行っていますが、ダイヤ改正作業は担当者の経験に頼っている部分が多く、多大な工数がかかっている上、乗降データ活用を通じた統計分析の必要があることが分かっています。

 

■従来の作業工数を大幅に減らし、最適ダイヤを提案

利用バス停分析サンプル
時間別乗車数分析サンプル

 

当社は、世界7カ国で100件以上の交通分析やオンデマンド交通導入シミュレーションを実施してきたデータサイエンティストが乗降データ分析を行い、他交通機関との接続、車両台数や乗務員数など多岐にわたる条件設定を考慮した上で最適な運行ダイヤを提案します。乗降データ分析、運行ダイヤ提案により、作業工数を約1/3に削減できると考えます。また、当社システムに内蔵しているゼンリンの道路ネットワークデータにより、日本特有の入り組んだ狭い道や一方通行・時間帯規制を考慮した上で、大型バスの走行を想定した緻密な分析が可能となります。

 

SWAT Mobilityは今後も、テクノロジーの力で“移動”に関する様々な課題解決を進め、効率的で消費者にとって最適な移動を実現する社会に向けて取り組んでまいります。 

*1 国土交通省発表「令和元年度バス事業の収支状況について」