NEWSROOM
BLOGnewsMedia

新潟市において、市街地オンデマンドバス「しも町オンデマンドバス」の実証実験にアプリケーションを提供

PR TIMES JAPAN
Published on:
Nov 30, 2020

SWAT Japanは、経済産業省、国土交通省が推進する「スマートモビリティチャレンジ」のパイロット地域である新潟市において、新潟交通株式会社と日本ユニシス株式会社が2020年12月7日(月)から実施するオンデマンドバスの実証実験に対し、高精度のルーティングアルゴリズムを使用した配車アプリケーション「SWAT JP」を提供します。従来の定時・定路線のバスが運行する「しも町」エリアにおいてオンデマンドバスを試験的に運行し、住民向けに利便性の高い移動サービスの提供をサポートします。

SWAT Japanが本実証実験に提供するアプリケーションは、乗客者用アプリ、ドライバー用アプリ、管理者用アプリの3つです。本実証実験においては、ドライバーアプリのナビゲーション地図上にバスが走行できるルートを色付けし明示することで、運転手がストレスなく運行できるようカスタマイズしたアプリを提供します。