NEWSROOM
BLOGnewsMedia

全国約4,500台のJ:COM営業車を対象にした「ライドシェアサービス」の実証実験を実施

PR TIMES JAPAN
Published on:
Jul 16, 2020

■背景
昨今、高齢者ドライバーによる悲惨な交通事故が多発しています。2019年には、60万件にものぼる運転免許の返納があり、地域の足が失われていく状況が深刻な社会問題となっています。

J:COMでは、「お客さま・地域の課題をDXで解決し、新たな価値を創造する」というビジョンのもと、生活圏における日常の移動をより便利にするサービスの提供を将来的に検討しています。

<J:COM MaaS(ライドシェアサービス)イメージ>
・生活圏内を自由に移動できるサービス            ・病院などの特定施設へ移動できるサービス
・マンションから駅までの送迎サービス ・生鮮食品や生活用品、料理のデリバリーサービス

■実証実験プロジェクト名  
「J:COM For!」
■実証実験の期間      
2020年7月16日 ~ 2020年12月31日(予定)
■実証実験の場所  
J:COM東京 東エリア (東京都 練馬区、埼玉県 和光市・新座市)
J:COM堺 (大阪府 堺市・和泉市 他) 
※順次、拡大予定
■実証実験の対象
J:COM営業スタッフ 約230名(開始時)
車両台数 6台(開始時) 
※順次、拡大予定
■協力
SWAT Mobility Japan株式会社(MaaSアプリケーションサービス提供)
株式会社ジャパン・リリーフ(専属ドライバー)

■J:COM MaaSアプリ 画面イメージ

乗客者用アプリ
ドライバー用アプリ